DMの発送方法にはどのようなものがあるのか

DMはさまざまな様式があり、印刷会社が提供するさまざまなフォーマットに合わせて作成されることが多くなっています。DMは大きく分けてはがきと封書に分けられますが、はがきについては裏面がDMになっているケースがほとんどなのに対し、封書の場合は同梱物で差別化されるケースが多くなっています。封書でのDMの場合は説明書きと商品説明の他にさまざまな販促物を同梱させる企業が増えています。また、逆にはがきにしてインターネットで詳細な説明を読んでもらうケースも多いです。どちらにしてもお客様が興味を持ちやすい形状が日夜研究させられており、紙面を有効活用するDMが増えてきています。DMについてはDVDやCDを同梱させるケースもありますが、郵送コストの問題も大きくなっています。

DMのデータ作成から発送までの手順について

DMは宛名と印刷データを作れば発送までやってくれるパックサービスの利用者が増えています。パックについてはコストがかかることから自前で行う企業が多かったのですが、印刷会社の競争が激しくなったことで自前よりもコストも時間も短縮できるケースが増えています。DMの宛名についてはテキストデータで入校となりますが、確認ができないので送信前にしっかりとした確認が重要です。また、デザインデータについては校正で確認ができますが、校正回数が決まっている場合が多く、修正が入る場合はスケジュールが大幅に変更となることが多いです。そのため、デザインデータ作成段階でしっかりと確認しておくことが大事です。特にデザインの色については差が出やすい部分であり、ディスプレイ温度も含めて調整しておきたいです。

DMを発送する作業の委託について

DMを印刷から発送まで依頼する企業が増えていますが、発送の際、同梱物を入れられるサービスが増えています。同梱される内容としてはCDやDVDなどの追加の映像資料のほか、ティッシュなどの販促品、また、割引券などが用意されることが多くなっています。これらの同梱物は重量制限がありますが、郵送については宅配業者なども参入してきていることから重量はかなり緩い規制となってきています。また、はがきにインターネットへのアドレスやQRコードを記載してアクセスを促すDMも増えています。DMは商品に興味を持ってもらえるかが重要ですが、何度も送るのはご法度となってきているので一度の発送でしっかりとお客様の気持を掴む必要があることからデザインには力を入れている企業が増えてきています。

初めてご利用頂くお客様は、限定のお得な情報が満載! デザインからお願いしたい方など、もちろん発送だけ!という方もご要望が可能です。 カタログの配布をお考えなら封書サイズのDMがおすすめです。 DMが重複するのを避けるため、宛名を検出するオプションを付けれます。取引数が2000社突破の実績ある代行会社にご相談! 知らない言葉にぶつかって困らない為に、DMに関する用語集を集めました。 DM発送お任せください